Mina Log - ミナログ -

空飛ぶデザイナーが出会った、世界のデザインとライフスタイル。

スカンジナビア航空ストで北欧旅行断念。返金や手続きでわかったこと。(2)

10連休明け、令和としても本格始動ですね。

さて、この連休で北欧旅行を断念した人は多かったようです。

 

こんなニュースが出ていました。

www.google.co.jp

 

このストライキで年間純利益の約半分が消滅!

ゴールデンウイークはスカンジナビアの国にとっては関係ないとはいえ、

これだけ利益が減ったら昇給に影響はないのでしょうか。

 

Hygge (ヒュッゲ)=デンマーク的、居心地を追求するライフスタイル」

 

訳すのが難しい言葉だけに、デンマークならではのこの価値観を味わいたかったのですが、労使関係にもすでに現れているのかもしれません。

過去に何度も大規模なストライキをしている会社ということも、今回調べたらわかったことですので、

北欧方面に行く場合、スカンジナビア航空を利用する場合は、
ストのリスクを頭に入れておいた方が良いと思いました。

 

さて、Airbnbからの返金のやりとりの続きです。

 

「酌量すべき事情」項目ではAirbnbは処理できない、

ホストは返金しないと言っている(ホストのせいではないので当然です。)

 

こうなると、社内での検討に期待するしかありません。

連絡を待っていると、その夜に見たこともない国番号の電話があり。

念のため取らずにいると、続いて下記の通りメッセージが入りました。


 

 

f:id:sensedemina:20190507134915p:plain

朗報がついに!

 

 

 

 本来ならば難しいが、Airbnbを何度も利用しているので

この度は宿泊料をクーポンにて全額発行します、と言う内容でした!

 

ホッとしました〜!!!

 

これならホストにも迷惑はかかりませんね。

クーポンであれば、デンマークに限らず、他の国でも使えるので自由度があります。

 

”お電話して申し訳ありませんでした” とあるので、

やはりあの電話はAirbnbからだったのでしょう。

 

Airbnbの対応は電話と(普通は非通知がほとんどです)メッセージでした。

解決までほぼ1日でした。

時差があるヨーロッパとのやりとりにもかかわらず、終始とても迅速でした。

きちんとこちらの意思を確認してくれるのも安心できました。

 

最後にまた

”いつも喜んでサポートさせていただきますので、なんでもご相談ください”

とあり、好感度が増しました。


さすが、世界が注目する企業の一つですね!

Airbnb 神対応でした。

 <ペットシッターさん>

 

キャンセルのご連絡をして、全額の返金と鍵を返していただきました。

 

<まとめ>

 

スカンジナビア航空ストライキが大規模なので、要注意です。

 

スカンジナビア航空から直接フライトチケットを購入の場合は、スカンジナビア航空に連絡。

ただし、案内される電話が通じない、緊急のお知らせはすべて英語など、

状況の把握と、すぐに対応してもらうことは難しそうです。

 

*旅行会社を通している場合は、普通は旅行会社がキャンセル手続きをします。

オンラインで返金の手続きを促された場合は、必ずその際にどの画面か確認することをお勧めします。

 

*宿泊について、Airbnbの場合。

迅速に電話とメールで対応してくれます。ただし、Airbnbの独自の規定があるので、

まずそれをチェックしてから交渉をすると良いと思います。

Airbnb側は、まずはホスト側に交渉するのがおきまりのようですが、ホストに非がない場合は、ホストは返金に応じないので、Airbnbの担当者と交渉になります。

それまでにどのくらいAirbnb を利用しているか、によって対応も変わるようです。

 

 

今回デンマーク行きはキャンセルになりましたが、そのぶん切り替えて東京近郊を

楽しみました。

 茅ヶ崎の海岸でサンセットで富士山が綺麗でした。

 

f:id:sensedemina:20190508163501j:plain

思わぬ光景に出会って嬉しくなりました!